よくあるご質問

商品ならびに本サイトに関してよくある質問をご紹介します。

摂取方法

抗生物質服用時にインナヘルス商品を摂取してもいいですか? もしくは抗生物質の服用期間が終了してから摂取した方がいいですか?

抗生物質の服用期間中にインナヘルス商品を摂取することには問題はありません。ただ抗生物質が細菌に対してもつ殺菌作用を考慮して、インナヘルス商品を摂取する際には、抗生物質の摂取後から少なくとも2時間は空けるようにしてください。

また、抗生物質の服用中、または服用をやめた後も、腸内環境への配慮からインナヘルス商品をさらに2週間程度、継続して摂取することをお勧めします。なお、インナヘルス商品摂取に際しては、必ずラベルをよく読んでご使用ください。

いつ摂取したらいいですか?

忘れず継続的に摂取していただくことが重要ですので、お好きなタイミングで摂取してください。

インナヘルス商品に配合されるプロバイオティクス(菌株)は一般に胃酸や胆汁に耐性があり食事中、胃酸分泌による過酷な胃内環境にも耐えられるため*、最も摂りやすいのは、食事時間に合わせて摂取する方法です。また、起床後すぐ、就寝前も飲み忘れ防止には有利な方法です。

ただし、抗生物質を服用している場合は、抗生物質の摂取から少なくとも2時間間隔を空けるようにしてください。

*J Microbiol Biotechnol. 2022 Oct 28; 32(10): 1226–1233.

"Technical Report Human Health Innovation Chr. Hansen A/S March 2023" Chr. Hansen

"LACTOBACILLUS RHAMNOSUS GG Technical Memorandum" DuPont Nutrition & Biosciences

"BIFIDOBACTERIUM LACTIS BI-07® Technical Memorandum" DuPont Nutrition & Biosciences

"Lactobacillus acidophilus NCFM® – a probiotic with proven efficacy" DuPont Nutrition & Health

カプセルが大きくて飲みづらいです。何か良い方法はありませんか?

多めの水を口に含み、カプセルを口に入れてから、うつむき、サプリがのどの辺りまできているのを確認してから飲み込んでください。
下を向きうつむくことで飲みやすくなり、のどにつかえにくくなります。

摂り始めてから便が緩いです。摂り続けても大丈夫でしょうか?

サプリメントを摂り今までなかった菌がおなかの中に入ることで、おなかが驚くことがあります。症状は一般的に軽度で一過性(数日)であり、からだが慣れてくると調子が整ってきますので、そのまま継続して摂取を続けてみてください。

しかし、緩い状態が続くようであれば、1日1粒を2日に1粒にして摂取回数を減らしてみてください。

妊娠中に摂取してもいいですか?

妊娠期の方向けにデザインされたインナヘルス製品については、特に妊婦での使用実績*がある菌株配合を採用しており、安心してご使用をいただけます。ただ、いかなる食品においても、からだがどう反応するかには個人差がありますので、ご心配な場合には、使用される前に医師にご相談いただくことをお勧めいたします。

*Elias J, Bozzo P, Einarson A. Are probiotics safe for use during pregnancy and lactation? Can Fam Physician. 2011 Mar;57(3):299-301.

「ベイビー・アンド・キッズ」の一日あたりの摂取量は?

製品ラベル正面には「1-2 DOSES A DAY」(1日1~2杯)、裏側の日本語ラベルには「1日あたり1g(添付スプーン1杯)を目安」と記載しております。本製品は0~12歳のお子さまを対象としており幅が広いため、必要な摂取量もお子さまによって異なります。本来一日1杯を摂取目安量としておりますが、あくまで目安ですので、大きなお子さまは一日2杯摂っていただいても問題ございません。お子さまの調子と相談して、一日あたり1~2杯摂取してください。

パウダー商品の付属スプーンを容器内で保管するとべたつきます。良い保管方法はありますか?

空気に触れることで、スプーンがべたつくことがあります。

購入後は使用の度に洗い、容器から出して保管していただくことをお勧めいたします。

保管方法

どうやって保管したらいいですか?

25℃以下であれば、冷蔵保存しなくてもプロバイオティクス(生きた善玉菌)の生菌状態を維持することが可能な特殊容器(Activ-Vial(TM))を使用しており、常温保管が可能です。

25℃以上を越える場合も、よほどの高温多湿状態が長期間継続しない限り常温保管で問題ありませんが、心配な場合には冷蔵保管をお勧めします。

冷蔵保管していた商品を常温で再保管してもいいですか?

問題ありません。ただし、結露を防ぐ観点から、冷蔵庫から出し入れする場合には、外気の影響を受けるため、容器内が常温に戻るまで少し時間をおいてから開封してください。

プロバイオティクス(生きた善玉菌)

「プロバイオティクス」とは何ですか?

2013 年、国際プロバイオティクス-プレバイオティクス学術機関(I SAPP)は、世界保健機関(WHO)/ 国連食糧農業機関(FAO)による定義5を批准する形で、プロバイオティクスを「適正な量を摂取することにより宿主に有用な作用を発揮する、生きた微生物」と定義しています。乳酸菌やビフィズス菌に代表されるようなからだに良い「生きた善玉菌」もプロバイオティクスの仲間です。

近年、国内では健康意識の高まりにより、腸内環境を良好に保つことの重要性が改めて再認識され、プロバイオティクス市場も拡大しています。

プロバイオティクスといわれる善玉菌にはたくさんの種類があります。プロバイオティクスを摂取する場合には、同じ種類の善玉菌でも「菌株」が違うとその働きが異なることがあるため、どの菌株が配合されているかをよく確認することが重要です。インナヘルスでは、プロバイオティクスの菌株における働きが十分に研究されていて、かつその働きがヒトで実証されている菌株を使用しており、健康状態に合わせて配合を最適化しています。

「プロバイオティクス」はお薬ですか?

インナヘルスに含まれるプロバイオティクスは「医薬品」区分ではなく「食品」区分となります。プロバイオティクスの中には、医薬品として承認されるために必要な条件(臨床試験など)をクリアして「医薬品」として販売されているものもありますので、一概にどちらかとはいえませんが、「生きた善玉菌」としてからだによい作用が期待できる点では共通です。「食品」として販売されるプロバイオティクス商品は基本的に食品として安心してお使いいただけるはずですが、重要なのは、科学的に体に良い作用を発揮することが十分に証明されていることと、余計な添加物を使用していないことをよく確認したうえで使用することです。ぜひ、商品の配合成分をよく見て購入するようにしましょう。

お支払い方法・送料

お支払い方法について

以下のいずれかのお支払い方法が可能です。

  • クレジットカード(VISA, Master, AMEX)
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • PayPal
  • Shop Pay

送料について

  • ご注文金額税込7,400円以上で送料無料となります。
  • 税込7,400円未満の場合は、送料手数料として385円(税込)が加算されます。

商品の返品・交換について

商品の返品・交換について

交換について
商品には万全を期しておりますが、万一品質に問題がある場合、無料にてお取り替え、もしくはご返金致しますので、お手数ですが商品到着後7日以内に送料着払いにて当社までご返送下さい。

返品について
商品が食品ですので、お客様都合での返品はお受けできません。

定期購入

毎月いつ頃届きますか?

定期購入商品は、毎月お申込みされたお日にちに配送いたします。配送日をご変更したい場合は、order@metagenics.co.jp へご連絡ください。

定期購入商品の個数・配送日・配送先を変更したい、定期購入商品にクーポンを適用したい場合、どうしたらいいですか。

インナヘルス側で登録内容を変更いたしますので、お手数おかけしますが、order@metagenics.co.jp に変更内容をお送りください。